【数学】文字を使った「不等式」で、数量を表したいあなたはこちらをどうぞ【入門・基礎問題・ 中1・文字と式10】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、文字を使った「不等式」で、日常の数量の関係を、数式で表現することを学びます。

 

これまでに、「等号(=)」を使った、数量についての数式化はやってきました。

今回は、等号ではなく、「不等号」をつかって、数量の関係について数式であらわしてみます。

 

まずは、数字をつかって、不等号についてカンタンな復習をします。

 

そのあと、数字をつかって、不等号でかかれた式(不等式(ふとうしき))の使い方を説明します。

 

最後に、文字をつかって、数量の関係を不等式であらわすやり方をわかりやすく解説します。

 

というわけで、今回は、文字を使った「不等式」について学びたいあなたのために、わかりやすい解説と問題動画を作成しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

文字を使った「不等式」で、数量を表したいあなたはこちらをどうぞ

「等号」ってなんだっけ?

不等号を理解するために、まずは等号から復習してみます。

「等号」というのは、数学でよくつかう、「=(イコール)」のことです。

3+5=8

という計算をしたときに、

3+5と8は等しい

という意味になります。

このときは、右から左に計算を進めているイメージかと思います。

これは、(勝手にですが)「計算をすすめるイコール」と呼ぶことにします。

 

これは正しいのですが、等号には、もう1つの別の見方があります。

「=の左と右にあるものが同じ」

という見方です。

これは右から左に計算をすすめるというよりも、

計算は止まっている状態で、天秤(てんびん)の左右に同じものがのっているイメージです。

これを(勝手にですが)「天秤(てんびん)のイコール」と呼ぶことにします。

 

このように、等号には2つの見方があります。

ちなみに、この先習う、「方程式」などを理解するときにも、これらの等号の意味をシッカリ理解してくと役立ちます。

 

今は不等号を理解したいと思っていますので、

「天秤のイコール」

の意味で「=」をみてください。

 

 

たとえば、

5と5を比べると、同じ値なので、数式で

5=5

というように、天秤のイコールで表現することができます。

ちなみに、等式の左側を「左辺(さへん)」、右側を「右辺(うへん)」と呼びます。

 

「不等号」と「不等式」とは?

不等号とは、”等号でない”ものです。

「不」がついていると、逆の意味を表すからです。

たとえば、”〜できる”という「可能」に

「不」をつけたら「不可能」になります。

不可能は、”〜できない”という意味で、可能”〜できる”の反対の意味になりますよね。

 

つまり、不等号とは、等号でないものなので、

天秤のイコールでない関係を表現するために使う記号のことです。

もう少し具体的に説明しますね。

 

5と5を大小比べると、同じ大きさです。なので、天秤のイコールで、

5=5

と書けます。

 

では、3と5の大小を比べるとどうでしょうか?

3は5より小さいです。

この「より小さい」というのを、数学では「」という記号で表現します。

つまり、「3は5より小さい」というのを、数式では

3 < 5

と書くわけです。

「<」の左側に小さいものを、右側に大きいものを書きます

このようにして、大きさの違うものを数式で表現します。

 

このように、不等号を使って書いた式を「不等式」といいます。

 

でも、大きさの比較は、より小さいだけじゃなくて、

  • より大きい
  • 以下
  • 以上

っていうのもあるよね?

 

と思われるかもしれません。その通りです。

大小関係について、数学では、それぞれ、下のような記号を使います。

  • より小さい 「<」
  • より大きい 「>」
  • 以下    「≦」
  • 以上    「≧」

等号と不等号を使うことで、さまざまな数量関係を数式で表現することができます。

 

数量関係を、「文字を使った不等式」で表してみます

たとえば、コンビニによって、100円のチョコを3個、120円のジュースを1本買ったとします。

合計は100×3+120×1=420円になります。

この等号は、「計算のイコール」でも「天秤のイコール」のどちらとも理解することができますが、

不等号を理解しやすいように、

チョコ3個とジュース1個と、420円というお金が同じ価値、とみて「天秤のイコール」

と考えてみましょう。

(100円のチョコ3個と120円のジュース1本を計算して420円とみると「計算のイコール」になります)

 

チョコ3個とジュース1本をレジに持っていって、お金を払おうとすると、500円玉しかありませんでした。レジの人に、500円を渡したとします。

すると、この状態は、

100×3+120×1 < 500

と書くことができます。

チョコ3個とジュース1本の合計は420円なので、500円の方が、価値が高いからです。

 

もしも、財布を忘れてポケットに100円しかなければ、

100×3+120×1 > 100

と書くこともできます。

 

このように、天秤のイコールの関係にない2つの量を数式で書くときに、不等号を使った不等式が活躍します。

 

では、文字を使った不等式をやってみますね。

たとえば、コンビニによって、100円のチョコを m 個、120円のジュースを n 本買ったとします。

合計は100×m+120×n=(100m+120n) 円と書けます。

 

もし合計が、500円だったなら、天秤のイコールを使って、

100m+120n = 500

と書くことができます。

 

もし「500円払っておつりがきた」という状態なら、

上の合計金額は、500円よりも小さいということがわかります。

なので、

100m+120n < 500

と不等式で書くことができます。

 

もし、「100円で足りなかった」という状態なら、

100m+120n > 100

と不等式で表現できるわけです。

 

 

というわけで、練習問題を用意したので、チャレンジしてみてください↓

【問題】文字を使った不等式

【数学 中1】文字を使った「不等式」で、数量を表したいあなたはこちらをどうぞ【入門・基礎問題53 文字と式10-1】

(通信制限など気になる方は、1番下に解答があります)

 

【数学 中1】文字を使った「不等式」で、数量を表したいあなたはこちらをどうぞ【入門・基礎問題54 文字と式10-2】

 

 

今回のまとめ

今回は、文字を使った「不等式」について解説しました

不等式には不等号を使います。

4つの不等号の使い方をシッカリマスターしておきましょう。

また、不等号は、等号と一緒に理解しておくといいかと思います。

とくに、天秤の等号の使い方をマスターすると、不等号の理解がはかどるのではないでしょうか。

 

というわけで、本記事では、文字を使った「不等式」について、問題動画とともに解説しました。

問題解答はこちらです↓

\(【問題】追加予定  \)

 

 

 

★「文字と式」の記事はこちらにまとめてあります↓

「文字と式」を学びたいあなたはこちらをどうぞ【問題まとめ】

 

 

数学おじさん
数学おじさん

今日の話はこれくらいにするかのぉ

秘書ザピエル
秘書ザピエル

あ、先生!告知をさせてください

数学おじさん
数学おじさん

おーそうじゃった

秘書ザピエル
秘書ザピエル

実はいろんなお悩みを聞いているんです

質問くまさん
質問くまさん

勉強しなきゃって思ってるのに、思ったようにできないクマ

シャンシャン
シャンシャン

わからない問題があると、やる気なくしちゃう

ハッチくん
ハッチくん

1人で勉強してると、行きずまっちゃうブー

 

数学おじさん
数学おじさん

誰しもそんな経験があると思います。

 

実は、そんなあなたが

 

勉強が継続できる

 

成績アップ、志望校合格できる

 

勉強を楽しめるようになる

 

ためのペースメーカーをやっています。

 

あなたの勉強のお手伝いをしますってことです。

 

具体的にはザピエルくんに説明してもらうかのぉ

 

ザピエルくんお願い!

秘書ザピエル
秘書ザピエル

はい先生!

 

ペースメーカーというのは、

もしもあなたが、

  • やる気が続かない
  • 励ましてほしい
  • 勉強を教えてほしい

なら、私たちが、あなたのために、

 

一緒に勉強する(丸つけや解説する)ことをやりながら、

 

あなたの勉強をサポートするという仕組みです。

  • やる気を継続したい
  • 成績をアップさせたい
  • 楽しく勉強したい

といったあなたに特にオススメです。

 

できるだけ楽しみながら勉強できるように工夫しています。

 

ご興味のあるあなたは、詳しことはこちらにありますので、よかったらどうぞ↓

 

【中学生 高校生 社会人】勉強のペースメーカーはいかがでしょう【受験 入試 資格試験】

 

不明な点があったら、お気軽にお問い合わせください

 

数学おじさん
数学おじさん

というわけで、ザピエルくん、あとはお願い!

秘書ザピエル
秘書ザピエル

はーい、先生!   数学おじさん、秘書のザピエルです。

 

ここまで読んでくださった方、ありがとうございました!

 

申し込みやお問い合わせは、随時うけていますので、

 

Twitter のリプライや、ダイレクトメールでどうぞ☆

ツイッターは ⇒ こちら

 

 

よかったら、Youtube のチャンネル登録もお願いします☆

Youtube チャンネルは ⇒ こちら
登録してもらえると、とても 励みになります
ってだれがハゲやねん!

 

数学にゃんこ
数学にゃんこ

 

数学にゃんこ
数学にゃんこ
「高校数学」を学びたいあなたにオススメの本はこちらニャン   『「高校数学」を独学したいあなたにおすすめの参考書や本はこちらです(教科書理解編)

 

数学にゃんこ
数学にゃんこ

 

数学にゃんこ
数学にゃんこ
「勉強法」についての記事はこちらニャン↓   『勉強法についての記事の一覧(まとめ)はこちらをどうぞ

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました