【数学】「文字の表し方の基礎」と「文字を含んだ乗法の計算ルール」を学びたいあなたはこちらをどうぞ【入門・基礎問題・ 中1・文字と式1】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回から、「文字と式」という単元になります。

これまでは、「正負の数」の単元で、数字を扱ってきました。

では、ここから何が違うかというと、

ここからは、「数字に文字が混ざった式」の扱い方を学ぶことになります。

 

え?文字ってなに?

どうやって計算すればいいの?

 

など思われるかもしれません。

文字がまざっても、これまでの数字の計算と同じです。

ただし、文字の計算のための新しいルールが出てきますので、

 

「文字の計算のためのルール」

 

をシッカリ理解するようにしましょう!(これがポイントになります)

 

ルール通りに計算できるようになれば、得点源にすることができます。

1つ1つ確実にマスターしていきましょう♪

 

本記事では、文字を含んだ式を扱うための「基礎となるルール」をシッカリ理解できるように、わかりやすく解説しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

数学での「文字と表し方」のルールを学びたいあなたはこちらをどうぞ

「数学」で使う「文字」とは?

中学校の数学では、文字には主に「アルファベット」が使われます。

 

アルファベットには大文字や小文字があります。(英語で習ったと思います)

大文字:A, B, C, D, E, F, G, H, I, J, K, L, M, N, O, P, Q, R, S, T, U, V, W, X, Y, Z

小文字:a, b, c, d, e, f, g, h, i, j, k, l, m, n, o, p, q, r, s, t, u, v, w, x, y, z

のように、それぞれ27文字ずつあります。

 

数学では、いつ・どのアルファベットを使うかについては、とくに決まっていません

〜を x とする」というように、問題で決められたり、

自分で「これを a と書くことにする」などと決めてから使うことができます。

 

よくある使い方としては、求めるものを x と表すことが多いです。

求めるものは x 以外の文字で表してもオッケーです。

多くの人は、求めるものは x として使うという習慣をもっています。

法律のような守るべき決まりなのではなく、習慣なので、

たとえば、求めるものを Z とおく、でも別にいいわけです。

 

ただし、

 

多くの人が使うから同じ使い方をすると、他の人に伝わりやすい

 

というのはあるので、

習慣にしたがって文字を使うのは、いい考えかと思います。

 

数学で文字を使うときの基礎、3つのルールとは?

これからやる文字と式の中では、いくつかの文字がある式のかけ算をします。たとえば

A × C × B

という式があったら、文字 A, B, C で書かれた式なので、「文字の式」と呼びます。

(ルール1)かけ算の記号「×」は省略していい

文字を含む式では、このルールが生きてきます。

このルールにしたがうと、

A × C × B = ACB

と書いていいわけです。かけ算を書かなくていいので、ラクですね!

 

ここで注意なのですが、もし数字だけのかけ算で「×」を省略したらどうでしょうか?

3×2

の「×」を省略すると、

32

となります。

これは、3×2なのか、数字の32なのか、わからなくなってしまいます。

なので、数字のときのかけ算は省略しなかったわけです。

文字のかけ算

G×H

があれば、

GH

と書いてもオッケーですよ、というのが1つめのルールになります。

 

(ルール2)(かけ算の)文字の並び方は、アルファベット順にする

ACB はアルファベット順になっていませんね。

ルール2にしたがって、アルファベット順にすると、

A × C × B = ABC

と書く方がいいということになります。

この式変形では、①かけ算を省略して、②アルファベット順に書く、という2つのことを行っています。

1つの式変形の中に、2つのルールがかくれているわけです。

 

このように、文字を含む式を扱うときには、アルファベットの順番の知識が必要となります。

もしアルファベットの順番に不安があるなら、お風呂に入ったときに毎日アルファベットをa – z まで言ってから上がるようにすると身につきますよ!^^

 

ちなみに、数字のかけ算には、交換法則が成り立ちました。

3×5=15

5×3=15

で同じになりますよね。このように、数字のかけ算では、数字を交換していい

3×5=5×3

という交換法則があります。

 

ここで文字をアルファベット順に並べる、というルールも、実は交換法則が成り立っているからできるわけです。

A × C × B = A × B × C = ABC

まず交換法則で、BとCを入れ替えて、その後で、かけ算を省略しています。

つまり、2つめのルールは、文字の式で交換法則を利用したものなんです。

 

 

(ルール3)文字と数字がまざったかけ算では、数字を先に書く

たとえば、

P × Q × 3

という式があったとします。PとQは文字で、3は数字なので、これは、文字と数字が混ざった式となります。

この時も、上の(ルール1)と(ルール2)は成り立ちます。

それにくわえて、数字を先に書くという(ルール3)があります。

なので、

P × Q × 3 = PQ3 (×)

ではなく、

P × Q × 3 = 3PQ (○)

と書くことになります。

 

この式変形の中では、

①かけ算の記号は省略して、

②文字(P, Q)はアルファベット順に並べて、

③数字を先に書く

という3つのルールにしたがって計算しているわけです。

 

 

ややこしいなぁ〜

 

と思われた方もおられるかもしれません。

 

たしかに最初はむずかしいですよね

 

少しずつでいいので、問題を解きながら、慣れていくようにしましょう♪

 

というわけで、練習問題を用意したので、チャレンジしてみてください↓

 

【問題】文字と表し方の基礎

【数学 中1】かけ算の記号「×」の省略になれよう【入門・基礎問題39 文字と式1】

(通信制限など気になる方は、1番下に解答があります)

今回のまとめ

今回は「文字と表し方の基礎」について解説しました

文字を含んだ式を表現するときには、ルールがありました。

①、かけ算は省略していい

②、(かけ算の部分の)文字はアルファベット順にする

③、文字と数字のかけ算では、数字を先に書く

これらをサクッとできるようになりましょう。

アルファベットに慣れていない方は、ぜひ早めに身につけてくださいね!

 

というわけで、本記事では「文字と表し方の基礎」と「乗法」の計算ルールについて、問題動画とともに解説しました。

問題解答はこちらです↓

\(【問題】追加予定  \)

 

 

★「文字と式」の記事はこちらにまとめてあります↓

「文字と式」を学びたいあなたはこちらをどうぞ【問題まとめ】

 

数学おじさん
数学おじさん

今日の話はこれくらいにするかのぉ

秘書ザピエル
秘書ザピエル

あ、先生!告知をさせてください

数学おじさん
数学おじさん

おーそうじゃった

秘書ザピエル
秘書ザピエル

実はいろんなお悩みを聞いているんです

質問くまさん
質問くまさん

勉強しなきゃって思ってるのに、思ったようにできないクマ

シャンシャン
シャンシャン

わからない問題があると、やる気なくしちゃう

ハッチくん
ハッチくん

1人で勉強してると、行きずまっちゃうブー

 

数学おじさん
数学おじさん

誰しもそんな経験があると思います。

 

実は、そんなあなたが

 

勉強が継続できる

 

成績アップ、志望校合格できる

 

勉強を楽しめるようになる

 

ためのペースメーカーをやっています。

 

あなたの勉強のお手伝いをしますってことです。

 

具体的にはザピエルくんに説明してもらうかのぉ

 

ザピエルくんお願い!

秘書ザピエル
秘書ザピエル

はい先生!

 

ペースメーカーというのは、

もしもあなたが、

  • やる気が続かない
  • 励ましてほしい
  • 勉強を教えてほしい

なら、私たちが、あなたのために、

 

一緒に勉強する(丸つけや解説する)ことをやりながら、

 

あなたの勉強をサポートするという仕組みです。

  • やる気を継続したい
  • 成績をアップさせたい
  • 楽しく勉強したい

といったあなたに特にオススメです。

 

できるだけ楽しみながら勉強できるように工夫しています。

 

ご興味のあるあなたは、詳しことはこちらにありますので、よかったらどうぞ↓

 

【中学生 高校生 社会人】勉強のペースメーカーはいかがでしょう【受験 入試 資格試験】

 

不明な点があったら、お気軽にお問い合わせください

 

数学おじさん
数学おじさん

というわけで、ザピエルくん、あとはお願い!

秘書ザピエル
秘書ザピエル

はーい、先生!   数学おじさん、秘書のザピエルです。

 

ここまで読んでくださった方、ありがとうございました!

 

申し込みやお問い合わせは、随時うけていますので、

 

Twitter のリプライや、ダイレクトメールでどうぞ☆

ツイッターは ⇒ こちら

 

 

よかったら、Youtube のチャンネル登録もお願いします☆

Youtube チャンネルは ⇒ こちら
登録してもらえると、とても 励みになります
ってだれがハゲやねん!

 

数学にゃんこ
数学にゃんこ

 

数学にゃんこ
数学にゃんこ
「高校数学」を学びたいあなたにオススメの本はこちらニャン   『「高校数学」を独学したいあなたにおすすめの参考書や本はこちらです(教科書理解編)

 

数学にゃんこ
数学にゃんこ

 

数学にゃんこ
数学にゃんこ
「勉強法」についての記事はこちらニャン↓   『勉強法についての記事の一覧(まとめ)はこちらをどうぞ

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました