【数学】文字と式で「重さ」「長さ」「容量」「時間」などの「単位の変換」を表せるようになりたいあなたはこちらをどうぞ【入門・基礎問題・ 中1・文字と式9】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、「文字を使った量」の「単位をかえる」お話です。

よく出てくる単位には、重さ、長さ、容量、時間などがあります。

重さの単位には、キログラム、グラム

長さの単位には、キロメートル、メートル、センチメートル、ミリメートル

容量の単位には、リットル、デシリットル

時間の単位には、秒、分、時

などがあります。

 

時間の分や秒、重さのグラムやキログラム、長さのメートルとセンチメートルなど、これらは互いに変換が可能です。

 

具体的な数字のときの変換はできるのではないでしょうか。

 

今回は、文字を使った式で、単位の変換を表現してみたいと思います。

 

というわけで、本記事では、「重さ」「長さ」「容量」「時間」などの「単位の変換」についてわかりやすい説明でまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「重さ」「長さ」「容量」「時間」などの「単位の変換」を文字と式で表せるようになりたいあなたはこちらをどうぞ

使うのは、

  • 小さい単位を大きい単位になおす時は、倍率でわり算
  • 大きい単位を小さい単位になおす時は,倍率をかけ算

ということと、「倍率」になります。

 

1、「重さ」の単位変換をしたいあなたはこちらをどうぞ

重さには、グラムやキログラム、ミリグラムなどの単位があります。

グラムより大きい単位に、キログラム、

グラムより小さい単位に、ミリグラム

などがあります。

 

単位の関係は、

ミリグラム < グラム < キログラム

のようなイメージになります。

 

倍率には、以下のものを覚えておきましょう

  • 「キロ」や「ミリ」は1000

 

①、小さい単位を大きい単位に変えるとき

⇒ 倍率で「わり算」すればオッケーです

 

(例1)グラム ⇒ キログラム

倍率は、キロの1000なので、1000で割ります

\( 2グラムは、\frac{1}{1000}倍して、0.002キログラムです。\)

\( a グラムは、\frac{1}{1000}倍して、\frac{a}{1000}キログラムです。\)

 

(例2)ミリグラム ⇒ グラム

倍率はミリの1000なので、1000で割ります。

\( 2ミリグラムの\frac{1}{1000}倍して、0.002グラムです。\)

\( b ミリグラムの\frac{1}{1000}倍して、\frac{b}{1000}グラムです。\)

 

(例3)ミリグラム ⇒ キログラム

倍率ですが、ミリからグラムで1000、グラムからキロで1000なので、

1000×1000=1000000が倍率になって、これでわり算します。

\( 2ミリグラムの\frac{1}{1000000}倍して、0.000002キログラムとなります。\)

\( c ミリグラムの\frac{1}{1000000}倍して、\frac{c}{1000000}キログラムとなります。\)

 

 

②、大きい単位を小さい単位に変えるとき

⇒ 倍率を「かけ算」すればオッケーです

 

(例1)キログラム ⇒ グラム

倍率は、キロの1000なので、1000をかけ算します。

\( 2キログラムは、1000倍して、2000グラムです。\)

\( a キログラムは、1000倍して、1000a グラムです。\)

 

 

(例2)グラム ⇒ ミリグラム

倍率はミリの1000なので、1000をかけ算します。

\( 2グラムの1000倍して、2000ミリグラムです。\)

\( b グラムの1000倍して、1000b ミリグラムです。\)

 

(例3)キログラム ⇒ ミリグラム

倍率ですが、ミリからグラムで1000、グラムからキロで1000なので、

1000×1000=1000000が倍率になって、これをかけ算します。

\( 2キログラムの1000000倍して、2000000ミリグラムとなります。\)

\( c キログラムの1000000倍して、1000000c ミリグラムとなります。\)

 

 

いかがでしょうか。

必要なのは、単位を大きい方から小さい方にするのか、小さい方から大きい方にするのかと、倍率ということがわかってもらえたかと思います。

また、文字で単位を変えるときも、同じ感覚でできることがわかります。

 

それでは、長さの単位変換もみてみましょう↓

2、「長さ」の単位変換をしたいあなたはこちらをどうぞ

長さには、いろいろな単位がありますが、メートルを基準にして考えましょう。

メートルより大きい単位に、キロメートル、

メートルより小さい単位に、センチメートル、ミリメートル

などがあります。

 

単位の関係は

ミリメートル < センチメートル < メートル < キロメートル

のようなイメージになります。

 

長さの単位の倍率には、以下のものを覚えておきましょう

  • 「キロ」や「ミリ」は1000
  • 「センチ」は100

 

①、小さい単位を大きい単位に変えるとき

⇒ 倍率で「わり算」すればオッケーです

 

(例1)メートル ⇒ キロメートル

倍率は、キロの1000なので、1000で割ります

\( 2メートルは、\frac{1}{1000}倍して、0.002キロメートルです。\)

\( a メートルは、\frac{1}{1000}倍して、\frac{a}{1000}キロメートルです。\)

 

(例2)センチメートル ⇒ メートル

倍率はセンチの100なので、100で割ります。

\( 2センチメートルは、\frac{1}{100}倍して、0.02メートルです。\)

\( b センチメートルは、\frac{1}{100}倍して、\frac{b}{100}メートルです。\)

 

(例3)ミリメートル ⇒ メートル

倍率はミリの1000なので、1000で割ります。

\( 2ミリメートルの\frac{1}{1000}倍して、0.002メートルです。\)

\( c ミリメートルの\frac{1}{1000}倍して、\frac{c}{1000}メートルです。\)

 

(例4)ミリメートル ⇒ キロメートル

倍率ですが、ミリからメートルで1000、メートルからキロで1000なので、

1000×1000=1000000が倍率になって、これでわり算します。

\( 2ミリメートルの\frac{1}{1000000}倍して、0.000002キロメートルとなります。\)

\( d ミリメートルの\frac{1}{1000000}倍して、\frac{d}{1000000}キロメートルとなります。\)

 

 

②、大きい単位を小さい単位に変えるとき

⇒ 倍率を「かけ算」すればオッケーです

 

(例1)キロメートル ⇒ メートル

倍率は、キロの1000なので、1000をかけ算します。

\( 2キロメートルは、1000倍して、2000メートルです。\)

\( a キロメートルは、1000倍して、1000a メートルです。\)

 

(例2)メートル ⇒ センチメートル

倍率はセンチの100なので、100をかけ算します。

\( 2メートルは、100倍して、200センチメートルです。\)

\( b メートルは、100倍して、100b センチメートルです。\)

 

(例3)メートル ⇒ ミリメートル

倍率はミリの1000なので、1000をかけ算します。

\( 2ミリメートルの1000倍して、2000メートルです。\)

\( c ミリメートルの1000倍して、1000c メートルです。\)

 

(例4)キロメートル ⇒ ミリメートル

倍率ですが、ミリからメートルで1000、メートルからキロで1000なので、

1000×1000=1000000が倍率になって、これをかけ算します。

\( 2キロメートルの1000000倍して、2000000キロメートルとなります。\)

\( d ミリメートルの1000000倍して、1000000d キロメートルとなります。\)

 

「重さ」と「長さ」の単位をかえる練習問題を用意したので、チャレンジしてみてください↓

【問題】「重さ」と「長さ」の単位をかえる

【数学 中1】「重さ」「長さ」などの「単位の変換」を文字と式で表せるようになりたいあなたはこちらをどうぞ【入門・基礎問題50 文字と式9-1】

(通信制限など気になる方は、1番下に解答があります)

 


3、「容量」の単位変換をしたいあなたはこちらをどうぞ

容量には、リットルやミリリットル、デシリットルなどの単位があります。

リットルより小さい単位に、ミリリットルとデシリットルがあります。

 

単位の関係は、

ミリリットル < デシリットル < リットル

のようなイメージになります。

 

倍率には、以下のものを覚えておきましょう

  • 「ミリ」は1000
  • 「デシ」は10

 

①、小さい単位を大きい単位に変えるとき

⇒ 倍率で「わり算」すればオッケーです

 

(例1)デシリットル ⇒ リットル

倍率は、デシの10なので、10で割ります

\( 2デシリットルは、\frac{1}{10}倍して、0.2リットルです。\)

\( a デシリットルは、\frac{1}{10}倍して、\frac{a}{10}リットルです。\)

 

(例2)ミリリットル ⇒ リットル

倍率はミリの1000なので、1000で割ります。

\( 2ミリリットルの\frac{1}{1000}倍して、0.002リットルです。\)

\( b ミリリットルの\frac{1}{1000}倍して、\frac{b}{1000}リットルです。\)

 

(例3)ミリグラム ⇒ デシリットル

倍率は、ミリからデシで100なので、100で割ります。

\( 2ミリグラムの\frac{1}{100}倍して、0.02デシリットルとなります。\)

\( c ミリグラムの\frac{1}{100}倍して、\frac{c}{100}デシリットルとなります。\)

 

 

②、大きい単位を小さい単位に変えるとき

⇒ 倍率を「かけ算」すればオッケーです

 

(例1)リットル ⇒ デシリットル

倍率は、デシの10なので、10をかけ算します。

\( 2リットルは、10倍して、20デシリットルです。\)

\( a リットルは、10倍して、10a デシリットルです。\)

 

 

(例2)リットル ⇒ ミリリットル

倍率はミリの1000なので、1000をかけ算します。

\( 2リットルの1000倍して、2000ミリリットルです。\)

\( bリットルの1000倍して、1000b ミリリットルです。\)

 

(例3)ミリリットル ⇒ デシリットル

倍率は100なので、100をかけ算します。

\( 2ミリリットルの100倍して、200デシリットルとなります。\)

\( c ミリリットルの100倍して、100c デシリットルとなります。\)

 

 

このように、重さ、長さ,容量の単位変換は、使う倍率が同じなので理解しやすいかと思います。

 

 

「容量」の単位をかえる練習問題を用意したので、チャレンジしてみてください↓

【問題】「容量」の単位をかえる

【数学 中1】「容量」などの「単位の変換」を文字と式で表せるようになりたいあなたはこちらをどうぞ【入門・基礎問題51 文字と式9-2】

(通信制限など気になる方は、1番下に解答があります)

 

 

 

次は倍率が違う、「時間」の単位変換もみてみましょう。

倍率はちがいますが、変換の考え方は同じです。

4、「時間」の単位変換をしたいあなたはこちらをどうぞ

時間には、秒、分、時などの単位があります。

単位の関係は、

秒 < 分 < 時

のようなイメージになります。

 

上のとなり合う単位の倍率は60で

秒と時の倍率は60×60で、3600になります。

 

①、小さい単位を大きい単位に変えるとき

⇒ 倍率で「わり算」すればオッケーです

 

(例1)秒 ⇒ 分

倍率は60なので、60で割ります。

[mathjax]

\( 2秒は、\frac{1}{60}倍して、0.033333…分です。\)

\( a 秒は、\frac{1}{60}倍して、\frac{a}{60}分です。\)

 

(例2)分 ⇒ 時

倍率は60なので、60で割ります。

\( 2分は、\frac{1}{60}倍して、0.033333…時です。\)

\( b 分は、\frac{1}{60}倍して、\frac{b}{60}時です。\)

 

(例3)秒 ⇒ 時

倍率は3600なので、3600で割ります。

\( 2秒は、\frac{1}{3600}倍して、0.000555…時です。\)

\( c 秒は、\frac{1}{3600}倍して、\frac{c}{3600}時です。\)

 

 

 

②、大きい単位を小さい単位に変えるとき

⇒ 倍率を「かけ算」すればオッケーです

 

(例1)時 ⇒ 分

倍率は60なので、60をかけ算します。

\( 2時は、60倍して、120分です。\)

\( a 時は、60倍して、60a 分です。\)

 

 

(例2)分 ⇒ 秒

倍率は60なので、60をかけ算します。

\( 2分は、60倍して、120秒です。\)

\( b分は、60倍して、120b 秒です。\)

 

 

(例3)時 ⇒ 秒

倍率は3600なので、3600をかけ算します。

\( 2時の3600倍して、7200秒となります。\)

\( c 時の3600倍して、3600c 秒となります。\)

 

 

このように、時間の単位変換は、重さ、長さ,容量の単位変換と倍率が違うので、出題されやすくなります。

 

 

 

「時間」の単位をかえる練習問題を用意したので、チャレンジしてみてください↓

【問題】「時間」の単位をかえる

【数学 中1】「時間」などの「単位の変換」を文字と式で表せるようになりたいあなたはこちらをどうぞ【入門・基礎問題52 文字と式9-3】

(通信制限など気になる方は、1番下に解答があります)

 

 

今回のまとめ

今回は、文字を使った量の単位をかえる方法について解説しました

使うのは、

  • 小さい単位を大きい単位になおす時は、倍率でわり算
  • 大きい単位を小さい単位になおす時は,倍率をかけ算

ということと、「倍率」でした。

キロ・ミリは1000

センチは100

デシは10

時間の単位は、60と3600

でした

これらを正しく使えば、単位変換はむずかしくないのではないかと思います。

 

というわけで、本記事では文字を使った量の単位をかえる方法について、問題動画とともに解説しました。

問題解答はこちらです↓

\(【問題】追加予定  \)

 

 

 

★「文字と式」の記事はこちらにまとめてあります↓

「文字と式」を学びたいあなたはこちらをどうぞ【問題まとめ】

 

数学おじさん
数学おじさん

今日の話はこれくらいにするかのぉ

秘書ザピエル
秘書ザピエル

あ、先生!告知をさせてください

数学おじさん
数学おじさん

おーそうじゃった

秘書ザピエル
秘書ザピエル

実はいろんなお悩みを聞いているんです

質問くまさん
質問くまさん

勉強しなきゃって思ってるのに、思ったようにできないクマ

シャンシャン
シャンシャン

わからない問題があると、やる気なくしちゃう

ハッチくん
ハッチくん

1人で勉強してると、行きずまっちゃうブー

 

数学おじさん
数学おじさん

誰しもそんな経験があると思います。

 

実は、そんなあなたが

 

勉強が継続できる

 

成績アップ、志望校合格できる

 

勉強を楽しめるようになる

 

ためのペースメーカーをやっています。

 

あなたの勉強のお手伝いをしますってことです。

 

具体的にはザピエルくんに説明してもらうかのぉ

 

ザピエルくんお願い!

秘書ザピエル
秘書ザピエル

はい先生!

 

ペースメーカーというのは、

もしもあなたが、

  • やる気が続かない
  • 励ましてほしい
  • 勉強を教えてほしい

なら、私たちが、あなたのために、

 

一緒に勉強する(丸つけや解説する)ことをやりながら、

 

あなたの勉強をサポートするという仕組みです。

  • やる気を継続したい
  • 成績をアップさせたい
  • 楽しく勉強したい

といったあなたに特にオススメです。

 

できるだけ楽しみながら勉強できるように工夫しています。

 

ご興味のあるあなたは、詳しことはこちらにありますので、よかったらどうぞ↓

 

【中学生 高校生 社会人】勉強のペースメーカーはいかがでしょう【受験 入試 資格試験】

 

不明な点があったら、お気軽にお問い合わせください

 

数学おじさん
数学おじさん

というわけで、ザピエルくん、あとはお願い!

秘書ザピエル
秘書ザピエル

はーい、先生!   数学おじさん、秘書のザピエルです。

 

ここまで読んでくださった方、ありがとうございました!

 

申し込みやお問い合わせは、随時うけていますので、

 

Twitter のリプライや、ダイレクトメールでどうぞ☆

ツイッターは ⇒ こちら

 

 

よかったら、Youtube のチャンネル登録もお願いします☆

Youtube チャンネルは ⇒ こちら
登録してもらえると、とても 励みになります
ってだれがハゲやねん!

 

数学にゃんこ
数学にゃんこ

 

数学にゃんこ
数学にゃんこ
「高校数学」を学びたいあなたにオススメの本はこちらニャン   『「高校数学」を独学したいあなたにおすすめの参考書や本はこちらです(教科書理解編)

 

数学にゃんこ
数学にゃんこ

 

数学にゃんこ
数学にゃんこ
「勉強法」についての記事はこちらニャン↓   『勉強法についての記事の一覧(まとめ)はこちらをどうぞ

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました