【難問・入試問題7】「数量の関係を文字と式で表現する」の難問で、難関校対策をしたいあなたはこちらをどうぞ【数学 中1・難関校対策・文字と式24】

 

「文字と式」の単元で、「数量の関係を文字と式」の問題は頻出です。

難関校では、与えられる関係が複雑です。

日本語の問題文が長かったり、理解が難しかったりしますので、

まずは日本語をシッカリ理解しましょう

 

複雑な内容は、1つずつ簡単なものに「分解」して考えましょう

 

数量の関係を文字と式で表現するには、基本となる考え方があります。

これらを複雑に絡ませたのが、難関校の問題です。

複雑な日本語の問題文を、まずはわかりやすい短い文に分解しましょう。

それら短い文を1つずつ数式にしていき、

最後にそれらの数式を合体させるイメージで解くとやりやすいかと思います。

 

1度答えが出たら、「検算」をしましょう。

文字と式で表現できたら、文字のところに、具体的な数字を入れて計算してみましょう。

そして、それとは別個に、数字だけで同様の状況を再現して計算してみましょう。

これら2つを比べて数字が合えば、正解である可能性は高いと言えます。

 

 

というわけで、難関校向けのテスト対策問題を作成しましたので、

まず解いてみてから、動画をみて答え合わせをしてみましょう

文字と式の「数量の関係を文字と式で表現」する難問・難関校対策問題はこちらです

(問題①)つぎの数量関係を、文字と式で表現してください

ある数 x を3で割ると、商が a で、余りが2となった。

ある数 y を5で割ると、商が x で、余りが3となった。

y を a の式で表してください。

 

解説は ⇒ こちら

 

 

(問題②)つぎの数量関係を、文字と式で表現してください

あるクラスは40人で、そのうち a 割が男性です。

インフルエンザが流行って、クラスの女性の7割が休みました。

休んだ女性の人数は b 人でした。

a と b の関係を式で表してください。

 

解説は ⇒ こちら

(問題③)つぎの数量関係を、文字と式で表現してください

八百屋のあんちゃんが、野菜を x エンで仕入れました。

そして2割の利益を見込んで店頭に並べました。

夕方になって、売れ残りそうだったので、y 割引で売ったら、

売値は、5000円より安くなりました。

x と y の関係を式で表してください。

 

解説は ⇒ こちら

 

 

 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

 

解答はこちら

(1),  y = 9a + 9

(1)の解説は ⇒ こちら

 

 

(2), b = \(\frac{280 – 28a}{10}\)

(2)の解説は ⇒ こちら

 

 

(3),  12x(10 - y) < 500000

(3)の解説は ⇒ こちら

 

 

★「文字と式」の記事はこちらにまとめてあります↓

「文字と式」を学びたいあなたはこちらをどうぞ【問題まとめ】

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました