【勉強法】ケアレスミスをなくす方法とは?やらないと確実に損をする、サクッと得点を上がる方法とは?

ケアレスミス 勉強法 集中 集中しない  標準問題(定期テスト対策)
ケアレスミス 勉強法 集中 集中しない 

 

テストが返ってきたときに、

 

なんでこんな間違いしたの?

 

ってことありませんか?

 

  • 英単語のつづりを間違えた
  • 数学で符号をかえ忘れた
  • 記号で答えるところを、単語で答えてしまった

 

などなど、

 

ふだん間違えないような

 

うっかりしたミスをしてしまうことがありますよね。

 

  • またやっちゃった~
  • あんなに気をつけてなのに~
  • なんでこんなこと書いてんだろ?

 

といったことは、だれしも経験あるかと思います。

 

  • なんとかミスしないようにならないかなぁ
  • なぜミスをするの?
  • ミスを減らす方法ってないの?

 

と思われる方も多いかと思います。

 

そこで本記事では、こういう単純なミスをなくすための方法をご紹介します。

 

【勉強法】ケアレスミスをなくす方法とは?やらないと確実に損をする、サクッと得点を上がる方法とは?

「ケアレスミス」とは?

 

まずは言葉を説明しておきますね。

 

上で書いたような、

 

  • 英単語のつづり間違い
  • 数学の符号をかえ忘れ
  • 記号で答えるところを、単語で答えてしまった

 

といった間違いは、

 

ほんとうは正しく答えれるのに、なぜか間違えてしまったミスです。

 

このようなうっかりしたミスは、「ケアレスミス」といわれます。

 

ケア=注意

レス=不足

ミス=まちがい

 

という意味から、

 

ケアレスミスは「注意不足がまねいたミス」ということになります。

 

じゃあ、ケアレスミスを防ぐには、

 

「もっと注意すればいいんでしょ?」

 

と思われるかもしれません。

 

じつはそうではないんです。

 

え?どういうこと?

 

と思われるかもしれません。

 

以下で説明しますね。

 

 

 

 

完璧な人間はいない、ということは?

完璧な人間はいない

 

というのは、うん、そうだよね、と納得してもらえるのではないでしょうか。

 

では、もし完璧な人間がいたら、テストでミスをしないはずですよね。

 

これを逆に考えてみましょう。すると、

 

完璧な人間はいない、ということは

だれでも、テストでミスする

 

ことがいえます。

 

大事なテストで、自分はかならずミスをする・・・

 

こんなこと、誰も思いたくないですよね?

 

多くの人は、この事実に不安を感じます

 

なので見て見ぬふりを(自然と)してしまいます。

 

放置するわけです。

 

すると、

 

①、ケアレスミスはまた起きます。

 

②、もっと注意していればと思う

 

の①と②のループになってしまうかもしれません。

 

 

このループから抜け出すには、まずは、

 

自分が不安になることでも、事実として受け入れることができるか

 

が1つのポイントになります。

 

 

自分は必ずミスをする

 

これを受け入れれたら、以下の内容で対策ができ、ミスを減らすことができます。

 

もしここで不安が強すぎる方は、無理しなくてもいいかと思います。

 

他によい勉強法をみつければいいだけです。

 

本サイトでは、他の勉強法もあるので、そちらが役に立てばいいなと思います。

勉強法の記事一覧はこちらをどうぞ

 

話を元にもどしますね。

 

今までの話をまとめると、

 

 

数学おじさん
数学おじさん

注意すればミスしない」のではなく、

注意してもミスはする」のように、

考え方をかえるのが大事なんじゃ

 

ということになります。

 

なんだ~じゃあミスするのはしょうがないの?

 

あきらめるしかないじゃん

 

と思われるかもしれません。

 

ここで大事なのは、ミスするのが当たり前なので、

 

いかに減らすか」を考える

 

ことです。これが対策の糸口になります。

 

 

 

 

他人のまちがいは、気づきやすい

話は変わりますが、人が書いた答案をみたことがあるでしょうか?

 

学生さんだと、あまりないかもしれません。

 

答案でなくてもいいのですが、

 

例えば、数学の授業で前に出て、黒板に解答を書くことがあるかもしれません。

 

そのときは、他の人が黒板に書いた解答をみて、

 

ミスがないかをチェックすることを、ぜひやってみてほしいのです。

 

なぜかというと、

 

他の人の解答をチェックしてみると、

 

(自分が書いた解答よりも)ミスに気づきやすい

 

ということを実感できるはずだからです。

 

そんなことないよ~

 

と思われる方はぜひ試してみてくださいね。

 

ほんとだ!

 

と思ってもらえると思いますよ。

 

ではなぜ、他人のミスは気づきやすいのでしょうか?

 

なぜ、他人のミスは気づきやすいの?

まずサクッと結論をいうと、

 

他人の解答をみるときには、

 

自分はその問題について、

 

集中して解いた後ではない(集中していない

 

のがその理由です。

 

以下で詳しく説明しますね。

 

たとえば、学校の休み時間にぼーっとしていたら、

 

友達にこれ合ってる?

 

のように聞かれたとします。

 

そこで書かれた解答をみてみるわけですが、そのとき自分は、

 

その問題に集中していない

 

ですよね。

 

その問題を解くという、集中した行為ではなく

 

その解答をチェックするという、集中していない行為

 

をしています。

 

その問題に集中していないからミスにきづきやすい

 

わけなんです。

 

授業中に他の人が黒板に解答をかきます。

 

その解答のミスに気づきやすいのも、自分はその問題に集中していないからなんです。

 

え?逆じゃないの?

 

集中すればミスもみつけやすいんじゃないの?

 

集中してないってどういうこと?

 

と思われるかもしれません。

 

そこで「集中」と「集中していない」について、説明してみますね。

 

 

 

 

「集中している」と「集中していない」の違いとは?

「集中していない」という言葉ですが、

 

一般的には、テレビをみながら計算問題を解いている

 

のような、「ながら」のときに使う単語かと思います。

 

この記事での「集中している」「集中していない」の意味は違っています。

 

問題を解くときには、集中して計算を行いますが、このときには、

 

脳の中の特定の場所を「集中して」使っています。

 

この状態のときを「集中している」といっています。

 

 

それに対して、

 

ヒトの解答をチェックする時は、脳の特定の場所というより、

 

脳を全体的に使ってチェックしています。

この脳の状態を「集中していない」と表現しています。

 

 

特定の場所だけ使う「集中した」の反対の意味として、

 

脳を全体的に使っている状態を「集中していない」と書いています。

 

 

重要なのは、

 

どちらも、その問題についてだけ、考えている状態

 

だということです。

 

おかしを食べながらの勉強のような、

 

気が散っている状態について使われる

 

一般的な「集中していない」とは意味がちがっていることをご注意ください。

 

数学おじさん
数学おじさん

脳全体をつかっている状態をさして、

「集中していない」と表現しているんじゃな

 

以下に対応関係をまとめました。

 

[1],  一般的な意味の「集中している」 [2],  一般的な意味の「集中していない」
①、本記事での

「集中している」状態

②、本記事での

「集中していない」状態

 

勉強しながら他のことを同時にやる

ながら」の状態

 

例:テレビみながら計算問題を解く

脳が「特定の場所」を集中的に使っている状態 脳が「全体的に」使われている状態

 

 

これをふまえて、「集中していない」状態の大切さをみていきたいと思います。

 

 

 

 

「ケアレスミスを防ぐ」ための、考え方とは?

いままでの内容から、結論をいうと、

集中していないという状態」にすれば、ミスを気づきやすい

となります。

 

では、どうやって集中していない状態にすればいいのでしょうか?

 

テストで問題を解くことを考えると、

 

①、問題を解く

 

②、見なおしをする(ケアレスミスを発見・訂正する)

 

の2つのステップが必要です。

 

①で問題を解く時には、集中したほうがいいです。

 

(受験などの問題を解く時には)

集中することで、点数が上がるからです

 

 

それに対して、

 

②の見なおしのときには、集中しないほうがいいです(①との違いに気をつけましょう)。

 

集中しないことで、ミスに気づきやすいからです

 

 

これらをまとめると、

 

数学おじさん
数学おじさん

得点を上げながら、ケアレスミスを防ぐ」には、

 

「集中する」と「集中しない」を使い分ける必要があるわけじゃ

 

 

 

 

 

では、どうやったら「集中する」と「集中しない」を使い分けることができるでしょうか?

「ケアレスミスを防ぐ」ための、具体的な方法とは?

結論から言うと、

 

普段から、「集中する」「集中しない」の切り替えの練習をしておく

 

になります。

 

具体的な練習のしかたを説明しますね。

 

勉強を時間で区切って、スケジュールをたてます。

1コマを25分にします。

25分したら5分休憩します。

2コマ目の25分で集中してやります。

5分休憩します。

3コマ目の25分を集中してやります。

・・・(以下くりかえしです)・・・

 

タネをあかすと、ポイントは以下です。

25分集中するときには、「集中した脳」を使って、その能力を高めます。

 

5分休憩するときには、「集中しない脳」にきりかえる訓練をしています。

 

これを繰り返すことで、「集中 ⇔ 集中しない」の切り替えをスムーズにできるようにしていきます。

 

 

25分間集中するときの注意点としては、なにか1つに集中して取り組むことです。

 

数学なら数学、英語なら英語などです。

 

ただし、例えば同じ科目の数学の中でも、計算をして図形をする、のような大きく違う内容をやるのはおすすめしません。

 

似たような内容を25分間、深く集中してやりつづけることが大事です。

 

 

そして、5分休憩するときには、それまで集中していた内容を

 

できるだけ早く忘れるように、努力します。

そのためには、まったく他のことをするのが役立ちます。

 

体を動かしたり、だれかとしゃべったり、散歩するのもおすすめです。

 

 

ここで注意するのは、

 

「集中」から「別の集中」にそのままうつってない?

 

ということです。

 

数学を解いていたら、30分たってしまったから

 

休憩なしで、つぎの英語をしなきゃ

 

といった感じで、

 

数学の集中 ⇒ 英語の集中

 

として、集中していない状態(脳の全体をつかう状態)がありません。

 

これだと、集中・集中しないの切り替えの訓練がまったくない状態です。

 

切り替えが訓練されていないと、ケアレスミスをしやすくなります

 

まとめると、

 

(脳の使い方の)切り替えを勉強の中に取り入れて、

意識的に切り換えれるようになりましょう!

 

ということになります。

 

 

 

 

まとめ

今回は、ケアレスミスを防ぐ方法と対策をまとめました。

 

ケアレスミスは減らせば、学力は同じでも得点があがりますよね。

 

学力がなかなか上がらないと悩む方も、

 

確実に得点をあげることができる方法となっています。

 

他の勉強法もあります↓

勉強法の記事一覧はこちらをどうぞ

 

 

数学おじさん
数学おじさん

じゃあ今回の解説はこのくらいにしておくかのぉ

 

お〜い、ザピエルくん、あとお願い!

 

秘書ザピエル
秘書ザピエル

は~い、先生

 

数学おじさん、秘書のザピエルです。

 

ここまで読んでくださった方、ありがとうございました!

 

また、質問してくれた方も、ありがとうございました!

 

質問は随時うけていますので、

 

Twitter のリプライや、ダイレクトメールでどうぞ☆

ツイッターは ⇒ こちら

 

ちなみに、ブログ執筆にあたって、質問してくれた方には許可をとっています。

 

質問しても勝手に載せることはないので安心してください。

 

 

よかったら、Youtube のチャンネル登録もお願いします☆

Youtube チャンネルは ⇒ こちら
登録してもらえると、とても 励みになります
ってだれがハゲやねん!

 

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました