【難問・入試問題1】「四則の計算」の難問で、難関校対策をしたいあなたはこちらをどうぞ【数学 中1・難関校対策・正負の数27】

難関校といわれる高校の入試問題の「正負の数」の「四則の計算」では、

  • 複雑な計算を
  • 短時間で・正確に

計算する必要があります。

 

 

というわけで、難関校向けのテスト対策問題を作成しましたので、

まず解いてみてから、動画をみて答え合わせをしてみましょう

「正負の数の四則の計算」の難問・難関校対策問題はこちら

【難問・難関校対策問題1】正負の数の「四則の計算」の難問で難関校対策をしたいあなたはこちらをどうぞ【数学 中1 正負の数27】

(通信制限など気になる方は、1番下に答えがございます)

 

 

次はこちらもどうぞ

 
 

 

 

もう少し難易度を下げた問題で力をつけたいならこちら↓

【数学 中1】正負の数の「四則の計算」の定期テスト・入試対策をしたいあなたはこちらをどうぞ【定期テスト・入試対策問題4】

 

 

 

基礎的なところは、こちらをどうぞ↓

【数学 中1】正負の数の「四則」が混ざった計算を身につけたいあなたにチェックしてほしい内容と動画はこちらです【入門・基礎問題15】

 

【数学 中1】正負の数の「四則」と「累乗」が混ざった計算を身につけたいあなたにチェックしてほしい内容と動画はこちらです【入門・基礎問題16】

 

【数学 中1】正負の数の「四則」と「累乗」や「かっこ」が混ざった計算を身につけたいあなたにチェックしてほしい内容と動画はこちらです【入門・基礎問題17】

 

 

 

計算力を高める3つのポイント

①、よく出る数字は覚えておくことも役に立ちます。

例えば、2の2乗、3乗、4乗、5乗、・・・や、3の2乗、3乗、4乗・・・など、累乗の値は覚えておいて損はありません。

 

②、計算の要領を身につけましょう

基礎を身につけるときには、1つ1つのルールを1つずつ使って、式をいくつも書きながら計算をしました。

しかし、複雑な計算をする場合には、式をたくさん書かなくてはいけなくなります。

テストは時間が限られていますので、自分の間違えない範囲で、いくつかの計算過程を1つの変形でやってしまいましょう。

そうすることで、解答時間を早めることができます。

そのためには、自分がどのくらいなら正確に暗算でできるかを知っておきましょう。

 

 

 

 

というわけで、王道ではありますが、やはり対策問題を解きながら、

  • 自分の苦手な計算パターンを覚える
  • 覚えておくと役に立つ数を蓄えていく

ことが大事です。

また、答えを間違えたら、どの部分で、なぜ間違えたのかをキチンと分析しましょう。

そして次は間違えないために、どのようにすればいいのかを、具体的に行動案にして、実行しましょう。

 

解答はこちら

\(  追加予定です  \)

 

 

★正の数・負の数の記事はこちらにまとめてあります↓

正の数・負の数(正負の数)の記事一覧はこちらです【問題まとめ】

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました