【数学】正負の数の「分数のわり算」を身につけたいあなたにチェックしてほしい内容と動画はこちらです【入門・基礎問題・ 中1・正負の数11 】

[mathjax]

ここでは、「正負の数」の「分数のわり算」について学んでいきます。

前回は、正負の数の「整数のわり算」をやりました。

 

今回は、「分数のわり算」についてまとめました。

小学校で習った方法と、中学校でやるやり方の2通りがありますので、混同しないように整理しながらマスターしてもらえたらなと思います。

 

というわけで、本記事では、正負の数の「分数の除法」を学びたいあなたにチェックしてほしい内容と動画をご紹介します。

「正負の数」の「除法」の計算方法をサクッと復習

正負の数のわり算は、以下の3ステップでやればオッケーでした。

①、マイナス符号の個数を全部数えて、奇数個なら答えはマイナス符号に、偶数個ならプラス符号にする

②、数字の部分だけでわり算をする

③、①と②をあわせて答えにする

 

というものでした。

 

正負の数の「分数のわり算」のやり方とは

では、分数のわり算を、\(\frac{1}{2}÷\frac{1}{3} \)を例に考えてみますね。

ポイントは、「わり算はかけ算になおす」です。

\(\frac{1}{2}÷\frac{1}{3}= \frac{1}{2}×\frac{3}{1} \)

のように、÷を×に変えます。

その時に、÷の後ろの分数の分母と分子の数字を入れ替えることをします。

かけ算にかえれば、あとはかけ算のやり方で計算すればオッケーになります。

 

ちなみに、分母と分子を入れ替えた分数を、もとの分数の「逆数」と呼びます。

\(\frac{3}{4}の逆数は\frac{4}{3}です。\)

\(逆数を考えるときには符号は関係ないので、−\frac{3}{4}の逆数はそのまま-\frac{4}{3}となります\)

\(また、整数3は\frac{3}{1}なので、3の逆数は×\frac{1}{3}となります。 \)

 

まとめると、分数のかけ算は、逆数をつかってかけ算になおす、でした。

あとは分数のかけ算として計算できるようになります。

つまり、

①、計算結果の符号を決める

②、符号をとった分数だけのかけ算を行う

③、①②の結果をまとめて答えにする

という流れになります。

 

では練習問題をやってみましょう↓

【問題】正負の数の分数のわり算

【数学 中1】正負の数の「除法(わり算)」【入門・基礎問題24 正負の数10】

(通信制限などが気になる方は、1番下に解答がございます)

 

 

分数のかけ算がイマイチよくわからない方はこちらもございます↓

「正負の数」の「かけ算(乗法)」を身につけたいあなたにおすすめの内容と動画はこちらです

 

今回のまとめ

「正負の数」の「分数のわり算」をやりました。

分数のわり算はかけ算にすること、を学びました。

かけ算にしてしまえば、あとはかけ算のやり方でできることがわかりました。

 

というわけで、本記事では「正負の数」の「分数の除法」を学びたいあなたにチェックしてほしい内容を、動画ともにご紹介しました。

 

問題解答はこちらです↓

\(【問題】①、-\frac{4}{3} ②、-\frac{9}{20} ③、−\frac{1}{10} \)

 

 

★正の数・負の数の記事はこちらにまとめてあります↓

正の数・負の数(正負の数)の記事一覧はこちらです【問題まとめ】

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました