【数学】正負の数の「加減」が混ざった計算を身につけたいあなたにチェックしてほしい内容と動画はこちらです【入門・基礎問題・ 中1・正負の数13】

[mathjax]

ここでは、「正負の数」の「加減」が混ざった計算について学んでいきます。

これまでに、正負の数の「加法(足し算)」と「減法(ひき算)」は解説してきました。

入試やテストなどでは、これらが混ざった計算が出題されることも多々あります。

整数だけでなく、分数や小数が混ざり、加えてプラスとマイナスの符号を考える必要があります。

1つずつ、落ち着いて求めて、ミスをしないようにすることが大切になります。

 

そこで本記事では、正負の数の「加減」が混ざった計算のやり方・注意点などをまとめました。

「正負の数」の「加減」が混ざった計算のやり方とは

まずは、整数のみの加減の計算例をみてみましょう。

例えば、(+2)+(−4)−(−3)の計算をやってみます。

①、( )をはずす

(+2)+(−4)−(−3)=2−4+3

となります。

②、プラスはプラス同士、マイナスはマイナス同士集める

2−4+3=2+3−4

③、プラスの項の集まりを計算し、マイナスの項の集まりを計算する

2+3−4=5−4

④、プラスとマイナスの項の計算をする

5−4=1

これで答えとなります。

 

なんかめんどくさいなぁ〜

 

なんて思われた方もおられるかもしれません。

簡単な例だとそう感じても仕方ないかと思います。

ただ、入試や難関校などで出題される複雑な計算などでは、こういった手順が身についているかどうかで、正確に計算できるかが変わってきます。

テストの作者は、理解度の差が点数に現れるように、なんとなく計算している人がミスしやすいような問題をわざと作ったりします。

そういったワナに負けずに、正確に解くには、①から④の流れを意識しながら解くようにすることが有効です。

計算の流れを意識しておくことで、数字や式の見た目は複雑になっても、複雑なことを簡単の1つ1つのステップに分解できるので、ミスしにくくなります。

こういうやり方を続けていくことで応用力がついていくはずです。

 

 

それでは練習問題を用意しましたので、やってみてください↓

【問題1】正負の数の加減が混ざった計算①(整数のみ)

【数学 中1】正負の数の「加減」の計算①【入門・基礎問題27 正負の数13】

(通信制限など気になる方は、答えは1番下にあります)

 

【問題2】正負の数の加減が混ざった計算①(小数・分数を含む場合)

【数学 中1】正負の数の「加減」の計算②【入門・基礎問題28 正負の数13】

(通信制限など気になる方は、答えは1番下にあります)

今回のまとめ

「正負の数」の「加減」が混ざった計算をやりました。

1つひとつの手順を意識しながら解いていきましょう。

①、( )をはずす

②、プラス同士、マイナス同士それぞれ計算する

③、プラスとマイナスの項をあわせて計算する

という手順を確実にできるようにしておきましょう。

 

というわけで、本記事では「正負の数」の「加減」が混ざった計算を学びたいあなたにチェックしてほしい内容を、動画ともにご紹介しました。

 

問題解答はこちらです↓

\(【問題1】①、−4 ②、+5 ③、−9\)

\(【問題2】①、-6.5  ②、-\frac{11}{12}  ③、-\frac{29}{12} \)

 

 

★正の数・負の数の記事はこちらにまとめてあります↓

正の数・負の数(正負の数)の記事一覧はこちらです【問題まとめ】

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました