【数学】正負の数の「ひき算(減法)」を学びたいあなたにチェックしてほしい内容と動画はこちらです【入門・基礎問題・ 中1・正負の数5 】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

[mathjax]

今回は、「正負の数」の「ひき算(減法)」について学んでいきます。

 

正負の数のひき算は、正負のたし算に変えてから、たし算として計算すること

などを解説します。

 

ちなみに、教科書などでは、

ひき算のことを「減法(げんぽう)

たし算とひき算をまとめて「加減(かげん)

と呼んでいます。

なので、正負の数のひき算は、「正負の数の減法」とも呼ばれます。

 

 

本記事では、「正負の数」の「ひき算(減法)」を学びたいあなたにチェックしてほしい内容と動画をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「正負の数」の「ひき算(減法)」を学びたいあなたにチェックしてほしい、たった1つのポイントはこちらです

(+5)ー(+3)

を例に考えてみましょう。

 

まず式をよくみてみます。

( )の中にある+5や+3の+は、符号のプラスです。
(+5)と(+3)の間にあるーは、ひき算の意味のマイナスです。

なので、この計算はひき算だと判断します。

 

つまり、「正負の数のひき算の問題だ!」となります。

 

正負の数のひき算のやり方は以下のとおりです。

 

問題:(+5)ー(+3)

 

①、ひき算の意味の「ー」を見つけて、たし算「+」に変えます

(+5)(+3)

(+5)(+3)

とします。

 

 

②、足し算の「+」のうしろの( )の数字の符号を変えます。

(+5)+(+3

 

のたし算の「+」のうしろの( )は(+3)です。

 

この符号を変えます

 

(+5)+(-3

 

とします。

 

③、正負の数のたし算のやり方で計算する

(+5)+(−3)は足し算なので、正負の足し算のやり方で計算できます。

 

(+5)+(−3)=+2

 

となります。

 

 

 

 

 

正負の数のひき算は、たし算に変えることで計算できることがわかりました。

 

 

 

引き算を足し算に変えることがポイントなので、そこを練習してみましょう。

((問題))下の4つのひき算を、たし算にかえてください。

①、(+3)ー(+1)

 

②、(+3)ー(−1)

 

③、(−3)ー(+1)

 

④、(−3)ー(−1)

 

((解答です))

①、(+3)ー(+1)

ひき算の意味の「ー」のうしろの(+1)の符号を変えて、(−1)にします。

符号を変えた(ー1)を使って、足し算にすればオッケーです。

なので、以下のようにします。

 

(+3)1)=(+3)1)

 

 

②、(+3)ー(−1)

(−1)の−は「符号の意味」の−です。

(+3)と(−1)の間のーは、「ひき算の意味」のーとなりますので気をつけましょう!

ひき算の意味の「ー」のうしろの(−1)の符号を変えて、(+1)にします。

符号を変えた(+1)を使って、足し算にすればオッケーです。

 

(+3)1)=(+3)1)

 

 

③、(−3)ー(+1)

(−3)の−は「符号の意味」のーです。

(−3)と(+1)の間のーは、「ひき算の意味」のーとなりますので気をつけましょう!

 

ひき算の意味の「ー」のうしろの(+1)の符号を変えて、(−1)にします。

符号を変えた(−1)を使って、足し算にします。

 

(+3)1)=(+3)1)

 

 

④、(−3)ー(−1)

(−3)と(−1)のーは「符号の意味」の−です。

(−3)と(−1)の間のーは、「ひき算の意味」のーとなりますので気をつけましょう!

 

ひき算の意味の「ー」のうしろの(−1)の符号を変えて、(+1)にします。

符号を変えた(+1)を使って足し算にすればオッケーです。

 

(−3)1)=(−3)1)

 

 

 

正負のひき算は、たし算に変えれるようになりましょう!

変えれるようになったら、

次に、正負のたし算をシッカリ練習しましょう♪

 

 

【問題1】正負の数のひき算(減法)

次の正負の数の引き算を計算してください。

①、(+7)-(+2)

②、(+7)-(-2)

③、(-7)-(+2)

④、(-7)-(-2)

解説は ⇒ こちら

 

 

今回のまとめ

正負の数のひき算(減法)をやりました。

 

最初は考えながらでいいので、

ルールを間違えないように、丁寧に計算しましょう。
最初は式を1つ1つ書いていくのも大事だと思います。

(もちろん慣れてきたら省いてもオッケーです)

 

ルールを覚えたら、

すばやく正確にできるまで、計算練習すればパーフェクトです!

 

というわけで、本記事では「正負の数」の「ひき算」を学びたいあなたにチェックしてほしい内容を、動画ともにご紹介しました。

 

問題解答はこちら↓

【問題1】

①、5 ②、9 ③、−9 ④、−5

 

 

 

★正の数・負の数の記事はこちらにまとめてあります↓

正の数・負の数(正負の数)の記事一覧はこちらです【問題まとめ】

 

数学おじさん
数学おじさん

今日の話はこれくらいにするかのぉ

秘書ザピエル
秘書ザピエル

あ、先生!告知をさせてください

数学おじさん
数学おじさん

おーそうじゃった

秘書ザピエル
秘書ザピエル

実はいろんなお悩みを聞いているんです

質問くまさん
質問くまさん

勉強しなきゃって思ってるのに、思ったようにできないクマ

シャンシャン
シャンシャン

わからない問題があると、やる気なくしちゃう

ハッチくん
ハッチくん

1人で勉強してると、行きずまっちゃうブー

 

数学おじさん
数学おじさん

誰しもそんな経験があると思います。

 

実は、そんなあなたが

 

勉強が継続できる

 

成績アップ、志望校合格できる

 

勉強を楽しめるようになる

 

ためのペースメーカーをやっています。

 

あなたの勉強のお手伝いをしますってことです。

 

具体的にはザピエルくんに説明してもらうかのぉ

 

ザピエルくんお願い!

秘書ザピエル
秘書ザピエル

はい先生!

 

ペースメーカーというのは、

もしもあなたが、

  • やる気が続かない
  • 励ましてほしい
  • 勉強を教えてほしい

なら、私たちが、あなたのために、

 

一緒に勉強する(丸つけや解説する)ことをやりながら、

 

あなたの勉強をサポートするという仕組みです。

  • やる気を継続したい
  • 成績をアップさせたい
  • 楽しく勉強したい

といったあなたに特にオススメです。

 

できるだけ楽しみながら勉強できるように工夫しています。

 

ご興味のあるあなたは、詳しことはこちらにありますので、よかったらどうぞ↓

 

【中学生 高校生 社会人】勉強のペースメーカーはいかがでしょう【受験 入試 資格試験】

 

不明な点があったら、ツイッターDMからお気軽にお問い合わせください。こちらからセールスすることはありません。「ペースメーカーに興味があります」と送ってくれたらオッケーです。自分から積極的に行動してみましょう。普段から積極的に行動する習慣は成績アップにもつながりますよ。

 

数学おじさん
数学おじさん

というわけで、ザピエルくん、あとはお願い!

秘書ザピエル
秘書ザピエル

はーい、先生!   数学おじさん、秘書のザピエルです。

 

ここまで読んでくださった方、ありがとうございました!

 

申し込みやお問い合わせは、随時うけていますので、

 

Twitter のリプライや、ダイレクトメールでどうぞ☆

ツイッターは ⇒ こちら

 

 

よかったら、Youtube のチャンネル登録もお願いします☆

Youtube チャンネルは ⇒ こちら
登録してもらえると、とても 励みになります
ってだれがハゲやねん!

 

数学にゃんこ
数学にゃんこ

 

数学にゃんこ
数学にゃんこ
「高校数学」を学びたいあなたにオススメの本はこちらニャン   『「高校数学」を独学したいあなたにおすすめの参考書や本はこちらです(教科書理解編)

 

数学にゃんこ
数学にゃんこ

 

数学にゃんこ
数学にゃんこ
「勉強法」についての記事はこちらニャン↓   『勉強法についての記事の一覧(まとめ)はこちらをどうぞ

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました