【数学】正負の数の「ひき算(減法)」を学びたいあなたにチェックしてほしい内容と動画はこちらです【入門・基礎問題・ 中1・正負の数5 】

[mathjax]

今回は、「正負の数」の「ひき算(減法)」について学んでいきます。

 

正負の数のひき算は、正負のたし算に変えてから、たし算として計算すること

などを解説します。

 

ちなみに、教科書などでは、

ひき算のことを「減法(げんぽう)

たし算とひき算をまとめて「加減(かげん)

と呼んでいます。

なので、正負の数のひき算は、「正負の数の減法」とも呼ばれます。

 

 

本記事では、「正負の数」の「ひき算(減法)」を学びたいあなたにチェックしてほしい内容と動画をご紹介します。

「正負の数」の「ひき算(減法)」を学びたいあなたにチェックしてほしい、たった1つのポイントはこちらです

(+5)ー(+3)

を例に考えてみましょう。

 

まず式をよくみてみます。

( )の中にある+5や+3の+は、符号のプラスです。
(+5)と(+3)の間にあるーは、ひき算の意味のマイナスです。

なので、この計算はひき算だと判断します。

 

つまり、「正負の数のひき算の問題だ!」となります。

 

正負の数のひき算のやり方は以下のとおりです。

 

問題:(+5)ー(+3)

 

①、ひき算の意味の「ー」を見つけて、たし算「+」に変えます

(+5)(+3)

(+5)(+3)

とします。

 

 

②、足し算の「+」のうしろの( )の数字の符号を変えます。

(+5)+(+3

 

のたし算の「+」のうしろの( )は(+3)です。

 

この符号を変えます

 

(+5)+(-3

 

とします。

 

③、正負の数のたし算のやり方で計算する

(+5)+(−3)は足し算なので、正負の足し算のやり方で計算できます。

 

(+5)+(−3)=+2

 

となります。

 

 

 

 

 

正負の数のひき算は、たし算に変えることで計算できることがわかりました。

 

 

 

引き算を足し算に変えることがポイントなので、そこを練習してみましょう。

((問題))下の4つのひき算を、たし算にかえてください。

①、(+3)ー(+1)

②、(+3)ー(−1)

③、(−3)ー(+1)

④、(−3)ー(−1)

 

((解答です))

①、(+3)ー(+1)

ひき算の意味の「ー」のうしろの(+1)の符号を変えて、(−1)にします。

符号を変えた(ー1)を使って、足し算にすればオッケーです。

なので、以下のようにします。

 

(+3)1)=(+3)1)

 

 

②、(+3)ー(−1)

(−1)の−は「符号の意味」の−です。

(+3)と(−1)の間のーは、「ひき算の意味」のーとなりますので気をつけましょう!

ひき算の意味の「ー」のうしろの(−1)の符号を変えて、(+1)にします。

符号を変えた(+1)を使って、足し算にすればオッケーです。

 

(+3)1)=(+3)1)

 

 

③、(−3)ー(+1)

(−3)の−は「符号の意味」のーです。

(−3)と(+1)の間のーは、「ひき算の意味」のーとなりますので気をつけましょう!

 

ひき算の意味の「ー」のうしろの(+1)の符号を変えて、(−1)にします。

符号を変えた(−1)を使って、足し算にします。

 

(+3)1)=(+3)1)

 

 

④、(−3)ー(−1)

(−3)と(−1)のーは「符号の意味」の−です。

(−3)と(−1)の間のーは、「ひき算の意味」のーとなりますので気をつけましょう!

 

ひき算の意味の「ー」のうしろの(−1)の符号を変えて、(+1)にします。

符号を変えた(+1)を使って足し算にすればオッケーです。

 

(−3)1)=(−3)1)

 

 

 

正負のひき算は、たし算に変えれるようになりましょう!

変えれるようになったら、

次に、正負のたし算をシッカリ練習しましょう♪

 

 

【問題1】正負の数のひき算(減法)

次の正負の数の引き算を計算してください。

①、(+7)-(+2)

②、(+7)-(-2)

③、(-7)-(+2)

④、(-7)-(-2)

解説は ⇒ こちら

 

 

今回のまとめ

正負の数のひき算(減法)をやりました。

 

最初は考えながらでいいので、

ルールを間違えないように、丁寧に計算しましょう。
最初は式を1つ1つ書いていくのも大事だと思います。

(もちろん慣れてきたら省いてもオッケーです)

 

ルールを覚えたら、

すばやく正確にできるまで、計算練習すればパーフェクトです!

 

というわけで、本記事では「正負の数」の「ひき算」を学びたいあなたにチェックしてほしい内容を、動画ともにご紹介しました。

 

問題解答はこちら↓

【問題1】

①、5 ②、9 ③、−9 ④、−5

 

 

 

★正の数・負の数の記事はこちらにまとめてあります↓

正の数・負の数(正負の数)の記事一覧はこちらです【問題まとめ】

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました