【国語・英語】読解力をつけたいあなたにおすすめの本(参考書や問題集)はこちらです(単語理解と活用編)

読解力とは 読解力のつけ方とは 読解力とは 読解力の意味 読解力がある人 読解 力 低下 読解 力 が ない 読解 力 小学生 読解 力 を つける 読解 力 向上 読解 力 本 文章題
読解力とは 読解力のつけ方とは 読解力とは 読解力の意味 読解力がある人 読解 力 低下 読解 力 が ない 読解 力 小学生 読解 力 を つける 読解 力 向上 読解 力 本

現在、Pisa型読解力テストなどの結果から、

秘書ザピエル
秘書ザピエル

読解力がない子供(幼児、小学生、中学生)が増えていることが知られています。

 

詳しくはこちらをどうぞ↓

 

読解力は、すべての科目の基礎と言われます。

授業は日本語で行われてますので、

授業の理解力 = 読解力の有無

といえます。

 

数学おじさん
数学おじさん

読解力がある人は、

 

他の科目も理解しやすくなります。

 

読解力が特に関係する科目には

  • 国語
  • 英語の長文・読解問題

などがあり、みなさんも

そうそう!

と思ってもらえるのではないでしょうか。

 

 

数学おじさん
数学おじさん

しかし実際は、

 

他の科目でも読解力が重要

 

です。

 

  • 数学の文章題
  • 理科の実験の問題
  • 社会

など思い出してほしいんですが、

これらの内容は、問題を解く前に、まず問題の文章を理解しなければいけませんよね。

つまり、

 

秘書ザピエル
秘書ザピエル

読解力は、

 

ほとんどの科目が関係しています

 

 

さらに、

これからの入試問題などでは、文章が長くなる傾向があり

読解力をつけておかないと、

問題の意味がわからない状態になってしまいます。

 

そういった中で、

 

ハッチくん
ハッチくん

読解力をつけたい!

 

 

と思われる方も多いかと思います。

 

しかし、

  • 読解力をつけるには?
  • 読解力を身につけたい!
  • 読解力のトレーニングってどうすればいいの?

などの疑問もあるかと思います。

 

そこで本記事では、

  • 読解力とは
  • 読解力向上のトレーニング方法
  • 読解力を高める本

などをご紹介します。

 

【国語・英語】読解力をつけたいあなたにおすすめの本(参考書や問題集)はこちらです(単語理解と活用編)

読解力とは

 

数学おじさん
数学おじさん

読解力」は、ひとことで言うと、

 

文章全体と部分の整合性を取る能力

 

と言えます。

 

読解力のプロセスは、サクッというと、

頭の中で以下のことが、順番に行なわれている、

と考えられます。

(1), 「文のまとまり」から「テーマを認識」します(このテーマのことを、認知心理学では「スキーマ」と言います)

(2),各文の意味」をそのテーマから適切に引き出せる

(3),(1),(2)の整合性」を取り合うこと

 

  • ん?なにいってんの?
  • 意味わからない

と思われるかもしれませんが、

 

数学おじさん
数学おじさん

今はわからなくて大丈夫です。

秘書ザピエル
秘書ザピエル

とりあえず、以下の方法を積み上げていけば、

 

自然と読解力が高まっていきます。

トンちゃん
トンちゃん

理由は細かくわからなくても、

 

読解力は身につくってことだブーね

数学おじさん
数学おじさん

その通りじゃ

 

自転車の仕組みがわからなくても、

 

練習すれば乗れて、それで十分じゃろ?

 

同じことじゃな

 

読解力をつける方法とは(最初の一歩)

読解力のプロセスは、上のような感じですが、

 

数学おじさん
数学おじさん

読解力を身につける最初の第一歩は、

  • 「単語の意味」を知っておくこと

になります。

 

各単語をきちんと知れば、1つの文を理解できます。

1つの文をきちんと理解すれば、文章の理解がしやすくなります。

文章の意味をきちんと理解すれば、

全体で何を言っているかの絞り込み(「スキーマ」の特定)ができやすくなります。

 

秘書ザピエル
秘書ザピエル

きちんと読解する第一歩は、

  • 単語をきちんと理解すること

となります。

 

 

 

単語の意味をきちんと知る方法・コツ

 

トンちゃん
トンちゃん

各言葉・単語を「きちんと」知るにはどうすればいいの?

ってとこを説明します。

 

言葉や単語には、いくつかの意味があります。

例えば、「はし」という単語を思い浮かべてください。

  • 利根川には長い「はし」がかかっている
  • 「はし」の使い方を教わった
  • この道は「はし」を歩いてください

 

これらは全部同じ「はし」という単語を含んでますが、

どれも意味が違いますよね。

 

このように、

数学おじさん
数学おじさん

言葉や単語の意味は、

 

前後の単語との関係で決まります。

 

単語だけで意味が決まるだけでないわけです。

 

数学おじさん
数学おじさん

単語の意味を理解するためには、

 

(1), 1文を固まりとして理解する

 

のが重要です。

 

加えて、

 

秘書ザピエル
秘書ザピエル

(2), 単語の意味の類義語、対義語を意識して頭に入れていく

 

のも重要です。

 

数学おじさん
数学おじさん

単語の意味を1つ1つ覚えるのでなく、

  • 単語の使い方を理解する

という意識が重要です

 

 

というわけで、

単語の意味を理解でき、

使い方が身につく本・参考書・問題集をご紹介します。

 

 

 

小学生や、読解が苦手な中学生の復習にもオススメです↓

ふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集小学生版ベーシック

本書は、文章読解で必要となる、単語や語句、短い文を組み立てる問題になっています。

単語と単語の関係として、似た単語や単語の階層性を意識しながら語彙力を高めることができます。

 

 

 

上の1冊をやり終えたら、次はこちら↓

ふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集〔小学生版〕

上の1冊で身につけた語彙力を使い、言葉の論理的な運用力を身につけれる1冊です。

よく「論理的思考」と言われますが、

論理的思考は、中学受験だけでなく、

その後の高校・大学受験、社会人になってからも役立ちます。

論理的思考を、子どもの頃から育ててあげたい!

と思われる親御様も多いのではないでしょうか。

小学生に、いきなり論理的思考と言っても、

論理?思考????

となってしまいます。

なので、小学生のうちは、

論理的思考を身につけるための土台作りをしてあげるのがオススメです。

本書では、論理的思考の土台となる、単語や短い語句について、

  • 言い換える力
  • くらべる力
  • たどる力

と整理して、1つずつしっかり学ばせてくれます。

これらの問題をやっているうちに、自然と論理的思考の土台ができ、

中学受験などであれば、過去問を解く力が備わってきます。

この3つの力(言い換える力、くらべる力、たどる力)は、読解だけでなく、作文や対話でも重要です。

お子様が中学高校と進学されていけば、

作文や対話力は必ず必要となります。

本書はそれらの土台も作ってくれるお得な1冊となっています。

小学生や国語に苦手意識のある方(中学生・高校生・社会人など)が、

論理的思考の第一歩を身につけるのにおすすめの1冊となっています。

 

 

 

上の内容について、言葉の幅を広げることができる1冊もございます↓

ふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集〔小学生版〕(2)

上の2冊にはない

  • 「比喩」のトレーニング
  • 「対比」の骨組み
  • 「原因と理由」

などをより詳しく学ぶことができます。

比喩は、難しいことをわかりやすく説明するときにとても重要な技術です。

特に、社会人の方であれば、後輩に何かを指示するとき、適切な比喩を使うことで、

伝えたい内容をスムーズに理解してもらえます。

また専門職の方であれば、専門的な内容を一般の方に伝えるときには、比喩を使うのがとても有効です。

さらに、今後海外の方が日本に来られることも増えるかと思いますが、

そういった方達とのコミュニケーションにも比喩などの分かりやすい言い換えは重要となります。

このように、小学生版ではありますが、

大人も仕事や日常で、日本語をうまく活用するための基礎をやり直せる1冊となっています。

 

 

 

 

数学おじさん
数学おじさん

この3冊をしっかりやることで、

 

読解力の基礎となる語彙力が鍛えられるはずじゃ。

 

加えて、

秘書ザピエル
秘書ザピエル

英単語など、他の科目での覚え方

 

を理解することができます。

 

トンちゃん
トンちゃん

どういうことだブー?

 

単に意味を覚えるだけでなく、

数学おじさん
数学おじさん

(1), 似ているものを一緒に覚える

 

(2), 反対のものを一緒に覚える

 

(3), 原因と結果を対応させる

 

といった「コツを活かす」ことで、

より効率的に学ぶことができるようになるってことなんじゃな。

 

 

 

というわけで、本記事では、

  • 読解力とは
  • 読解力向上のトレーニング方法
  • 読解力を高める本

などをご紹介しました。

 

 

 

こちらもございます↓

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました