【難問・入試問題8】文字と式の「規則性」の難問で、難関校対策をしたいあなたはこちらをどうぞ【数学 中1・難関校対策・文字と式25】

 

「文字と式」の単元で、「規則性」の問題は頻出です。

 

規則性の問題は、公式や解法などがありませんので、

その場で与えられた状況を整理して、分析する能力が問われます。

 

とはいっても、規則性の問題にも考え方のパターンのようなものがありますので、

いろいろな問題を解いてなれておくことが重要です。

 

というわけで、難関校向けのテスト対策問題を作成しましたので、

まず解いてみてから、動画をみて答え合わせをしてみましょう

文字と式の「規則性」する難問・難関校対策問題はこちらです

(問題)つぎの問いに答えてください

文字と式, 規則性, 難問

(1回目)ごばんの目に、黒のごいしを置きます。

(2回目)黒のごいしの上下左右に、白のごいしを置きます。

(3回目)白のごいしの上下左右の空いているところに、黒のごいしを置きます。

(4回目)・・・くりかえし・・・

 

(1),  5回目が終わったとき、黒のごいしは全部で何個おきましたか?

 

(2),  黒のごいしが49個、白のごいしが64個になるのは、何回目ですか?

 

(3),  手元に白と黒のごいしが、それぞれ150個ずつあります。何回目まで並べることができますか?また、そのときのごいしの数は、白と黒でそれぞれ何個ですか?

 

 

 

解説は ⇒ こちら

 

 

 

 

 

 

 

こちらもどうぞ

 

解答はこちら

(1),  25 個

(2),  8 回目

(3),  12 回目

そのとき白のごいしは、144個

黒のごいしは、121個

 

 

解説は ⇒ こちら

 

 

★「文字と式」の記事はこちらにまとめてあります↓

「文字と式」を学びたいあなたはこちらをどうぞ【問題まとめ】

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました