【定期テスト・入試対策問題7】「割引」「パーセント」を使って「定価」を求める問題の定期テスト・入試対策をしたいあなたはこちらをどうぞ【数学 中1・文字と式19】

 

「文字と式」の単元では、

「割引」「パーセント」を使って「定価」を求める問題は、

よく出る問題の1つです。

 

このパターンの問題を解くには、

以下のことを理解しておけばオッケーです。

 

  • 「~割」、「割引」、「パーセント」の意味
  • 「原価」と「定価」、「利益」などの意味
  • 文字と式の使い方

 

これらの内容は、文字と式の単元で出題されるのですが、

文字と式以外の内容を理解していないと解けない問題となっています。

 

とくに、「~割」、「割引」、「パーセント」などの「割合」の知識は、

数学だけでなく理科などでも出てきますので、

シッカリやっておいて損はありません。

 

というわけで、

テスト対策問題を作成しましたので、

まず解いてみてから、動画をみて答え合わせをしてみましょう

文字と式の「割引」「パーセント」を使って「定価」を求める問題の定期テスト・入試対策問題はこちらです

【定期テスト・入試対策】文字と式で数や量をあらわそう(割引・パーセント・定価など)

次の問いに答えてください

a 円で仕入れた品物に、b 割の利益を見込んで定価をつけました。

定価の c 割引きで売って、8%の消費税とともに、代金をもらいました。

代金はどのようにあらわせますか?

解説は ⇒ こちら

 

 

 

 

解答はこちら

[mathjax]

(解答)以下のどちらでもオッケーです。

\( \frac{4}{25}a(1+\frac{b}{10})(1-\frac{c}{10})

または

0.08a(1+0.1b)(1-0.1b)

 

★「文字と式」の記事はこちらにまとめてあります↓

「文字と式」を学びたいあなたはこちらをどうぞ【問題まとめ】

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました