【難問・入試問題6】「式の値」の難問で、難関校対策をしたいあなたはこちらをどうぞ【数学 中1・難関校対策・文字と式23】

 

「文字と式」の単元で、「式の値」の計算問題は頻出です。

難関校では、問題で与えられた式が複雑な場合がほとんどです。

 

複雑な式は、「まず整理」してから、「代入」しましょう

 

やり方は決まっているので、すばやく正確に計算できるようにしておいて、

試験後半の難問に備えて、時間が節約できるようにしておきましょう

 

 

 

というわけで、難関校向けのテスト対策問題を作成しましたので、

まず解いてみてから、動画をみて答え合わせをしてみましょう

 

文字と式の「式の値」の難問・難関校対策問題はこちらです

[mathjax]

(問題①)つぎの式の値を計算してください

a = - 2, b = 3 のとき

\(\frac{2}{3}\)a - \(\frac{1}{6}\)b - (\(\frac{1}{2}\)b - \(\frac{1}{3}\)a)

解説は ⇒ こちら

 

 

 

(問題②)つぎの計算をしてください

P = 3a-2b + 5,  Q = a + 3b-1,  R =-2a-3b + 3 のとき、

5P +R-{Q-3(P + 2R) + P}

解説は ⇒ こちら

(問題③)つぎの問いに答えてください

2つの式 P = 5a-3b + c, Q = 2a + b-3c があります。

もう1つの式 R を使って、3P – 2Q + 4R を計算したところ、3a + 5b となりました。

R の式を求めてください。

解説は ⇒ こちら

 

 

 

 

 

こちらもどうぞ

 
 
 

 

解答はこちら

(1),  -4

(1)の解説は ⇒ こちら
 
 

(2),  7a - 38b + 57

(2)の解説は ⇒ こちら
 
 

(3),  -2a + 4b -\(\frac{9}{4}\)c

(3)の解説は ⇒ こちら

 

 

★「文字と式」の記事はこちらにまとめてあります↓

「文字と式」を学びたいあなたはこちらをどうぞ【問題まとめ】

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました